つら

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 それ以上の意の、魚屋の隠語。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「けふは頭(かしら)で『ばんどう』から上(ツラ)だ」
〘接尾〙 指示代名詞に付いて、程度がほぼそれくらいである、たいしたことないの意を添える。づれ。
※サントスの御作業(1591)一「コレ tçura(ツラ) ノ ミチ ワ ワヅカノ コト ナリ」
(完了の助動詞「つ」に推量の助動詞「らむ」の付いた「つらむ」が「つらう」となり、さらに変化したもの) =つろう
※史記抄(1477)一一「状似━なんとかしつら孔子状に似たぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つらの関連情報