コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚い/穢い キタナイ

デジタル大辞泉の解説

きたな・い【汚い/×穢い】

[形][文]きたな・し[ク]
よごれていて、それに触れたくない気持ちを起こさせるさま。不潔である。「床(ゆか)が―・い」「―・い手でさわるな」
秩序や調和がとれてなく、不快な感じを与えるさま。乱雑である。「―・くしていますが、お上がりください」「字が―・い」
下品である。「―・い言葉づかい」
考え方や態度などがいやしい。卑劣である。「―・い根性」「―・い手を使う」
欲が深い。けちである。「意地が―・い」「金に―・い男」
[派生]きたながる[動ラ五]きたなげ[形動]きたなさ[名]
[下接語]意地汚い(ぎたない)寝穢(いぎたな)い薄汚い口汚い小汚い腹汚い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

汚い/穢いの関連キーワードジェシー・セイント ジェームズ金と塵は積もるほどきたない指汚しとて切られもせずアルゼンチンの軍事政権トゥレット症候群ジョン レスリー目糞鼻糞を笑うダーティーボム大気津比売神JR武蔵野線吐き気・吐気家尻を切るしだらない吐き散らすダーティーばばっちい勘定高い7K職場3K労働佐藤幾優

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android