コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油売り アブラウリ

デジタル大辞泉の解説

あぶら‐うり【油売り】

近世、灯火用の油を売り歩いた商人。
怠け者

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あぶらうり【油売り】

灯火用の油を売り歩いた行商人。
怠け者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

油売りの関連キーワード「陣中膏ガマの油売り」の口上四六の蝦蟇・四六の蝦蟆戦国時代(日本)ガマの膏売り大山崎油座坂野比呂志畠山紫音斎藤道三ガマの油窪田弘和上野秀年油を売る源吾朗斎藤氏大東両唐木太浅田稔行商人近世油屋

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

油売りの関連情報