近世(読み)きんせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近世
きんせい

時代区分の一つ。西洋の歴史では,15~16世紀ルネサンス以降,絶対主義重商主義の展開した 17~18世紀,市民革命生成の頃までをいい,近代同義の場合が多い。日本の場合は,安土桃山,江戸時代をさし,室町幕府滅亡から明治維新にいたる時代をいい,近代と区別するのが一般的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きん‐せい【近世】

現代に近い時代。また、近ごろの世の中。
歴史の時代区分の一。近代と区別していうときに使う。
㋐日本史では安土桃山時代江戸時代をさす。
㋑西洋史ではルネサンスから市民革命産業革命のころまでをさす。
㋒中国史では明(みん)の末から20世紀初めの辛亥(しんがい)革命までをさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんせい【近世】

現在に近い過去の世。近頃。
歴史の時代区分の一。中世と近代の間の時期。
日本史では、後期封建制の時期の安土桃山・江戸時代をいう。
西洋史では近代と同義に用いられることもあったが、現在は特に一六世紀から一八世紀までの時期を近代と区別していう。 → 近代
中国史では明末・清初以後、辛亥しんがい革命までをいうのが普通。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きん‐せい【近世】

〘名〙
① 現在に近い世の中。また、近頃の世の中。最近。きんぜ。
※玉葉‐承安二年(1172)七月七日「近世事不首尾
※談義本・根無草(1763‐69)前「昔の人よりおとれるは、近世人の心懦弱にして」
② 歴史の時代区分の一つ。
(イ) 日本史で、古代、中世のあとにつづき、近代以前の時期。安土桃山時代、江戸時代をさす。中世にあたる鎌倉・室町時代を前期封建社会と呼ぶのに対して、後期封建社会と呼ぶことがある。広義には近代をも含むことがあるが(徳富蘇峰「近世日本国民史」のように)、狭義の近代と区別することが多い。
小学読本(1884)〈若林虎三郎〉四「円山応挙は西京の人にて近世の有名の画家なり」
(ロ) 東洋史で、ふつう明末・清初以後辛亥(しんがい)革命まで。また、西洋史で、古代・中世・近代と分ける時代区分のうち、近代にあたる時代。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉二「銕砲は〈略〉近世西洋の製」

ちかき【近】 世(よ)

過去・未来を問わず、現在からあまりへだたっていない時を漠然とさす語。ちかごろ。
※古今(905‐914)仮名序「ちかき世に、その名きこえたる人は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の近世の言及

【近世社会】より

…〈近世〉という言葉には,時代により異なった意味がある。江戸時代の国学者の用語では,今にいたる近い世の意味をもっており,今日の言葉でいえば現代にあたる意味が強い。…

【時代区分】より

…しかしこの時代区分は,古代・中世・現代(近代)の境界をどこにおくかについて意見の相違があり,そしてこの相違は再び何をもって時代区分の原理とするかに由来する。なお,この三時代区分を修正して,中世と現代(近代)の間に〈近世〉を入れる四時代区分も行われている。ただし各国史における時代区分はそれぞれ違う場合が多いので注意を要する。…

【ヨーロッパ】より

…北部には針葉樹林が多いが,南東部一帯にはステップ地帯があり,ただウクライナ地方を中心とした地域だけが,最も肥沃な黒土地帯で,すでに古代から有名な穀倉地帯であった。一般にロシア平原は地形そのものが特色のない単調なひろがりであるため,西ヨーロッパにみられるような各地域の個性や特色は認められず,近世初頭に至るまで,粗放な農業と牧畜の世界にとどまった。この地域が西ヨーロッパの影響を受けて近代化に進んだのは,18世紀以降のことであり,大規模な自然改良とともに,各地に工業地帯を創り出したのは,ようやく第1次世界大戦後のソビエト連邦の政策によるものである。…

※「近世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近世の関連情報