コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治世の能臣、乱世の姦雄 チセイノノウシン、ランセノカンユウ

とっさの日本語便利帳の解説

治世の能臣、乱世の姦雄

若き日の曹操に対する人物評。「月旦評」(月初めに行う人物評)を行っていた汝南の許劭(きょしょう)を訪ねた曹操は、こう評されて大喜びした。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android