治世の能臣、乱世の姦雄(読み)チセイノノウシン、ランセノカンユウ

とっさの日本語便利帳「治世の能臣、乱世の姦雄」の解説

治世の能臣、乱世の姦雄

若き日の曹操に対する人物評。「月旦評」(月初めに行う人物評)を行っていた汝南許劭(きょしょう)を訪ねた曹操は、こう評されて大喜びした。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android