月旦評(読み)ゲッタンヒョウ

  • げったんひょう ‥ヒャウ
  • げったんひょう〔ヒヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (後漢の許劭(きょしょう)が従兄の靖と郷里の人々の人物評をし、毎月朔日(ついたち)に品題を変えたという、「後漢書‐許劭伝」の故事から) 人物を論評すること。人物評。しなさだめ。月旦。
※歌舞妓年代記(1811‐15)凡例「せりふざれ歌、月旦評(ゲッタンヒョウ)のなのり、そに至るまで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の月旦評の言及

【月旦】より

…語の本来の意味は,毎月の朔(ついたち)のこと。後漢末,汝南(河南省汝南県)の許劭が従兄の許靖と毎月朔に郷党の人物を品評,月旦評とよばれたことから人物批評を意味する。後漢中期より宦官一派が政権を壟断(ろうだん),儒家の士大夫から批判がおこった。…

※「月旦評」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android