コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月旦評 ゲッタンヒョウ

デジタル大辞泉の解説

げったん‐ひょう〔‐ヒヤウ〕【月旦評】

《後漢の許劭(きょしょう)が、毎月の1日に郷里人物批評をしたという、「後漢書」許劭伝の故事から》人物について論評すること。品定め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げったんひょう【月旦評】

〔後漢の許劭きよしようが毎月の一日に郷里の人々の人物論をして楽しんだという、「後漢書許劭伝」の故事から〕
人物の批評。月旦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の月旦評の言及

【月旦】より

…語の本来の意味は,毎月の朔(ついたち)のこと。後漢末,汝南(河南省汝南県)の許劭が従兄の許靖と毎月朔に郷党の人物を品評,月旦評とよばれたことから人物批評を意味する。後漢中期より宦官一派が政権を壟断(ろうだん),儒家の士大夫から批判がおこった。…

※「月旦評」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

月旦評の関連キーワード治世の能臣、乱世の姦雄広瀬淡窓月旦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android