コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泌乳能力 ひにゅうのうりょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泌乳能力
ひにゅうのうりょく

乳利用が主体となる乳牛ややぎの乳生産に関連する量的形質の総称。さらに分けると,一泌乳期間中における総乳量,泌乳期間の長さ,平均日量,最高日量,最高期,総乳脂量,平均乳脂量,平均乳脂日量,総固形物量,平均固形物量,平均固形物率,平均固形物日量,総蛋白質量,平均蛋白質率,平均蛋白質日量などがあり,これら生産量のほか搾乳性などが対象となる。泌乳開始後,毎日の乳量の変化を図示したものを泌乳曲線といい,動物によりこの型に違いがみられる。乳牛の能力検定を実施する場合,日本においては普通,以上の形質のうち総乳量,平均乳脂率,総乳脂量について行われ,泌乳期間は 305日と 365日の2種に分れている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

泌乳能力の関連キーワードホルスタイン[種]バイオテクノロジーブラウンスイスショートホーンホルスタインウシ家畜乳鏡雑種

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android