コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通 フツウ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐つう【普通】

[名・形動]特に変わっていないこと。ごくありふれたものであること。それがあたりまえであること。また、そのさま。「今回は普通以上の出来だ」「普通の勤め人」「朝は六時に起きるのが普通だ」「目つきが普通でない」
[副]たいてい。通常。一般に。「普通七月には梅雨が上がる」
[用法]普通・普段通常――「普通(普段・通常)は六時半に起きる」のように、へいぜいのでは相通じて用いられる。◇「普通」は意味の範囲が広く、「どこにでも普通に生えている草」のように、ありふれている、珍しくないの意、「ごく普通の子」「普通科」のように、特に変わりがない・平均的・一般的なの意に使われる。これらは「普段」「通常」は使えない。◇「普段」は、常日ごろの意に重点があり、「普段の力を出せた」「普段の心がけの問題だ」などでは「普通」「通常」は使えない。◇「通常」は文章語的。いつもどおりで特別の事情がないこと・場合をいう。「勤務時間は通常九時から五時までとする」は、「普通」も使えるが、特別の事情があれば変わることもあるという含みも込められている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふつう【普通】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
いつでもどこにでもあって、めずらしくない・こと(さま)。 「日本に-の鳥」
ほかとくらべて特に変わらない・こと(さま)。 「ごく-の家庭に育つ」 「 -ならもう卒業している」
特別ではなく、一般的である・こと(さま)。 「 -高校」
▽↔ 特殊
( 副 )
その事柄が多くの事例にあてはまるさま。一般に。 「日本では入学式は-四月だ」
いつもではないが、ほとんどそうであるさま。たいてい。 「朝は-七時に起きる」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

普通の関連キーワードニューマティックタイヤエコノミークラスバストロンボーンオーディナリー普通乗用自動車肺炎連鎖球菌ミニサイクル普通借家権サントメ針凡知・凡智キャンター普選運動財政財産尋常海綿平羽二重普通課程長ズボン商業銀行尋常葉豆納豆

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

普通の関連情報