コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流らふ ナガラウ

デジタル大辞泉の解説

ながら・う〔ながらふ〕【流らふ】

[動ハ下二]《下二段動詞「ながる」+反復継続の助動詞「ふ」から》流れつづける。流れるようにそれが続く。
「雉(きぎし)鳴く高円(たかまと)の辺(へ)に桜花散りて―・ふ見む人もがも」〈・一八六六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

流らふの関連キーワード背の君