コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 フ

8件 の用語解説(ふの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふ[五十音]

五十音図ハ行の第3音。両唇の無声摩擦子音[Φ]と母音[u]との結合した音節。[Φu]
平仮名「ふ」は「不」の草体から。片仮名「フ」は「不」の初2画から。
[補説](1) 「ふ」は、奈良時代以前には[pu]であったかともいわれる。(2) 「ふ」は、平安時代半ば以後、語中語尾では、一般に[u]と発音されるようになった。これらは、歴史的仮名遣いでは「ふ」と書くが、現代仮名遣いでは、すべて「う」と書く。(3) 書名別項。→

ふ[助動]

[助動][は|ひ|ふ|ふ|へ|(へ)]動詞の未然形に付く。動作・作用の反復・継続を表す。ずっと…しつづける。よく…している。しきりに…している。
「つれもなき佐田(さだ)の岡辺(をかへ)に帰り居(ゐ)ば島の御橋(みはし)に誰(たれ)か住まむ」〈・一八七〉
[補説]「ふ」は奈良時代特有の語で、まれに下二段活用として用いられる。また、主にラ行動詞に付くときは、「移ろふ」「誇ろふ」のように未然形語尾のア列音がオ列音に変わることがある。平安時代以降「移ろふ」「交じらふ」など特定の動詞に付き、接尾語化した。

ふ[接尾]

[接尾]動詞の未然形の下に付いて四段活用動詞をつくる。もと、上代に用いられた反復・継続の意を表す助動詞「ふ」で、平安時代以降、特定の動詞にしか付かなくなり、接尾語化したもの。その特徴的な意味も失われている。「語らふ」「住まふ」「慣らふ」「はからふ」「向かふ」「呼ばふ」など。
[補説](1) 現代語でも、「住まう」「語らう」などの「う」にその痕跡が見られる。(2) 「流らふ」「伝たふ」「寄そふ」など、下二段活用動詞「流る」「伝(つ)つ」「寄す」に付いた「ふ」があり、これらは下二段型活用である。

ふ[書名]

ねじめ正一の詩集。昭和55年(1980)刊行。翌年、第31回H氏賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

五十音図ハ行第三段の仮名。両唇摩擦音の無声子音と後舌の狭母音とから成る音節。
平仮名「ふ」は「不」の草体。片仮名「フ」は「不」の初二画。 〔 (1) 「ふ」の頭子音は、奈良時代以前には両唇破裂音であったかといわれる。 (2) 「ふ」は、平安時代半ば以後、語中語尾では一般にウと発音されるようになった。これらは、歴史的仮名遣いでは「ふ」と書くが、現代仮名遣いではすべて「う」と書く〕

( 助動 ) ( は ・ひ ・ふ ・ふ ・へ ・へ )
〔上代語〕
反復・継続の助動詞。四段活用動詞の未然形に接続する。
動作が反復して行われる意を表す。しきりに…する。繰り返し…する。 「三輪山を然も隠すか雲だにも心あらなも隠さべしや/万葉集 18」 「もみぢ葉の散ら山辺ゆ漕ぐ舟のにほひにめでて出でて来にけり/万葉集 3704
動作が継続して行われる意を表す。ずっと…している。…し続ける。 「百伝ふ角鹿つぬがの蟹横去らいづくにいたる/古事記 」 「天離あまざかる鄙ひなに五年住まつつ都のてぶり忘らえにけり/万葉集 880」 〔 (1) 「うつろふ(移ろふ)」 「すすろふ(啜ろふ)」 「ほころふ(誇ろふ)」 「まつろふ(奉ろふ)」など、動詞の語尾がオ列音に変わっているものもある。 (2) 「ながらふ(流らふ)」「つたふ(伝たふ)」「よそふ(寄そふ)」など、下二段活用「流る」「伝つ」「寄す」に「ふ」が付く場合がある。ただし、これらの「ふ」は下二段型活用である。「天地の遠き初めよ世の中は常なきものと語り継ぎ流ら来れ/万葉集 4160」「流らふるつま吹く風の寒き夜にわが背の君はひとりか寝らむ/万葉集 59」 (3) 中古以降は、特定の少数の動詞に形式的に付くだけとなり、接尾語化してしまう〕 → ふ(接尾)

( 接尾 )
〔活用および接続のしかたは助動詞「ふ」に同じ〕
上代の反復・継続の助動詞「ふ」が、中古以降、特定の少数の動詞に形式的に付くだけとなり、接尾語化したもの。反復・継続などの特徴的な意味も失われている。「語らふ」「住まふ」「呼ばふ」「移ろふ」など。 〔 (1) 現代語でも、「住まう」「語らう」などの「う」にその痕跡を残している。 (2) 「ふ」は四段活用の未然形に接続するが、「けがらふ(汚らふ)」のように、下二段活用の動詞「けがる」に付いたものもある。「けがらひたる人とて、たちながらおひ帰しつ/源氏 手習」〕 → ふ(助動)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第6行第3段の仮名で、平仮名の「ふ」は「不」の草体から、片仮名の「フ」は「不」の初めの2画からできたものである。万葉仮名では「布、不、否、負、部、甫、輔、府、符、浮(以上音仮名)、生、歴、經(以上訓仮名)」などが清音に使われ、「夫、扶、府、文、矛、歩(以上訓仮名)」などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(不)」「(布)」「(婦)」などがある。音韻的には/hu/(濁音/bu/、半濁音/pu/)で、両唇無声摩擦音[](両唇有声破裂音[b]、両唇無声破裂音[p])を子音にもつ。半濁のパ行音が音韻組織のなかに定着してくるのは、中央語では室町時代以降のことである。[上野和昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふの関連キーワードしもうは行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ふの関連情報