コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流率法 りゅうりつほうmethod of fluxion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流率法
りゅうりつほう
method of fluxion

微分積分学の発見者ニュートンは,微分係数は関数の増加率を表わしているという理由から,これを流率と呼んだ。したがって,微分積分学のことを流率法と呼ぶことがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

流率法の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)ニュートン(年譜)マクローリン微分積分学微分積分法ウォリス数学史

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android