浅発地震(読み)センパツジシン

大辞林 第三版の解説

せんぱつじしん【浅発地震】

震源の深さが浅い地震。普通は、80~100キロメートルより浅い地震をいう。20~30キロメートルより浅いものを、特に、極浅発地震ということがある。 → 深発地震

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せんぱつ‐じしん ‥ヂシン【浅発地震】

〘名〙 震源の深さが七〇キロメートルより浅い地震。⇔深発地震。〔百万人の科学(1939)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の浅発地震の言及

【地震】より

… 地震には震源がほとんど地表付近のごく浅い地震から,700kmも深い所に起こるものまで,さまざまな深さのものがある。震源の深さが70km(または60km)未満の地震を浅発地震,70km(または60km)以上300km未満をやや深発地震,300km以上を深発地震ということが多い。しかし70kmあるいは300kmの深さを境として地震の性質が急に変わるわけではないので,この分類はまったく便宜的なものである。…

※「浅発地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android