コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海の底 ワタノソコ

デジタル大辞泉の解説

わた‐の‐そこ【海の底】

海の底。海底。
「―沈(しづ)く白玉風吹きて海は荒るとも取らずは止まじ」〈・一三一七〉
[枕]海の極まるところの意から、「沖(おき)」にかかる。
「―沖つ玉藻の」〈・一二九〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わたのそこ【海の底】

( 枕詞 )
海の底の奥深い意から「沖」「奥おき」にかかる。 「 -沖つ白波竜田山/万葉集 83」 「 -沖なる玉を手に巻くまでに/万葉集 1327

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

海の底の関連キーワードアンダーウォーターワールドジョイデス・レゾリューション号国際深海掘削計画トリチェリの実験カイメン(海綿)にらいかないさとうゆみエスキモーガン(雁)トリチェリマスコン丸山健二藻場造成中嶋将平ぬべし底層流定着魚南極海祓所神ゾアル

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海の底の関連情報