コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海食洞門 カイショクドウモン

デジタル大辞泉の解説

かいしょく‐どうもん【海食洞門】

波の浸食によってつくられた海食洞が、岩を貫通してトンネル状になったもの。和歌山県円月島などにみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の海食洞門の言及

【海食洞】より

…さらに断層,節理,不整合面などがあるために岩石が局部的に弱い所では,波の水圧による打撃,岩の割れ目の中の空気圧の圧縮と膨張,波にはこばれる砂礫による削磨作用などにより,ノッチが特に深くなり,幅にくらべて奥行きの深い洞穴が形成される。これが海食洞で,貫通して両側に開口すると海食洞門や天然橋ができ,さらに洞門の天井がこわされると離れ岩が形成される。海食洞の深さはふつう低潮面下1m内外であり,現在の海面より高い所にある離水海食洞は,過去の海面の位置を示す有力な指標として利用される。…

※「海食洞門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海食洞門の関連キーワード姫島(大分県)鶴見(大分県)大島(大分県)ラポルターダ波勝岬

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android