コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円月島 エンゲツトウ

デジタル大辞泉の解説

えんげつ‐とう〔ヱンゲツタウ〕【円月島】

和歌山県南西部、西牟婁(にしむろ)郡白浜町の西方約100メートルの海上にある島。東西35メートル、南北130メートル、標高25メートル。島の中央部に海食による縦15メートル、横12メートルの丸い洞穴があることから名付けられた。正式名称は高島。夕景の名所で、白浜町のシンボルになっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

円月島(えんげつとう)

和歌山県西牟婁郡白浜町、白浜半島沖に位置する無人島

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

円月島の関連キーワード和歌山県西牟婁郡白浜町白浜(町)海食洞門

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円月島の関連情報