コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浸食/浸蝕 シンショク

デジタル大辞泉の解説

しん‐しょく【浸食/浸×蝕】

[名](スル)流水・雨水・海水・風・氷河などが地表の岩石や土壌を削り取ること。また、その作用。「波が岩を―する」
[補説]「侵食」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浸食/浸蝕の言及

【浸食作用】より

…もとは〈おかし,むしばむ〉の意で侵と書いた。土地に働きかけて地形を変化させる作用(〈地形形成営力〉または〈地形営力〉という)のうち,内部から働く地殻運動や火山活動を内作用,外部から働く風,雨,河川,波などおもに太陽エネルギーに基づく作用を外作用とするが,浸食作用は後者に属する。外作用による地形営力は浸食,運搬,堆積の3作用から成る。…

※「浸食/浸蝕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浸食/浸蝕の関連キーワードブラステーションハイポバソリス期アクロバソリス期フルロージョン河川の若返り河川の争奪基準化作用河食・河蝕壮年期地形浸食基準面頭部浸食火山岩頸水蝕作用選択浸食地形輪廻ビュート浸食平野雨裂浸食差別浸食氷河作用

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android