コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深山榛の木 ミヤマハンノキ

デジタル大辞泉の解説

みやま‐はんのき【深山×榛の木】

カバノキ科の落葉低木または高木。本州中部地方から北にみられ、高さ2~10メートル。葉は楕円形で、縁に細かいぎざぎざがあり、裏面が粘つく。5、6月ごろ、尾状の雄花穂と短い円柱状の雌花穂とをつける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みやまはんのき【深山榛の木】

カバノキ科の落葉小高木。亜高山帯に群生。葉は広卵形で縁に細かい重鋸歯があり、裏面は粘る。雌雄同株。晩春開花し、雌花穂は松かさ状の小果となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

深山榛の木の関連キーワードカバノキ科雌雄同株亜高山帯広卵形群生晩春

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android