裏面(読み)リメン

デジタル大辞泉「裏面」の解説

り‐めん【裏面/×裡面】

物の裏側の面。「―に住所氏名を記す」⇔表面
物事の外部に現れない部分。世間に知られていない部分。内幕。「政界の―に通じる」⇔表面
[類語](1背後背面後ろ裏手裏側搦め手/(2内実内情内幕実際内容内内うちうち内内ないない遠慮内部内密こっそり内輪内裏うちうら内緒内証内分内聞ひそか忍びやかそっと秘密内懐うちぶところ楽屋裏

うら‐めん【裏面】

両面に印刷または刻印された紙や硬貨・メダルなどの、裏にあたる側。柄や模様のない場合でもいう。りめん。⇔表面
アナログレコードやカセットテープなどのB面のこと。⇔表面
コンピューターゲームなどで、公に紹介されていないステージ(面)。特に、すべてをクリアをした後に遊べるステージのこと。→表面3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android