深見 寅之助(読み)フカミ トラノスケ

20世紀日本人名事典「深見 寅之助」の解説

深見 寅之助
フカミ トラノスケ

明治・大正期の政治家 衆院議員(政友会)。



生年
明治10(1877)年11月2日

没年
昭和3(1928)年3月6日

出生地
愛媛県越智郡木浦村(現・伯方町)

経歴
今治の漢学者・菅周庵に師事商業に従事したのち、明治37年に東伯方村長となり、長きに渡って村政尽力。40年愛媛県議に当選し、4期の在任期間中に2度議長を務めた。大正9年には衆院議員となり、政友会に所属して1期在任。その後も政友会愛媛県支部の顧問として県政界に重きをなした。一方、今治瓦斯や愛媛自動車を創立して取締役となるなど、実業界でも活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android