顧問(読み)コモン

デジタル大辞泉の解説

会社、団体などで、相談を受けて意見を述べる役。また、その人。
意見を問うこと。相談すること。
「天下の事―に預りて」〈愚管抄・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

「顧問」とは、企業やその他の団体が行う業務について、意思決定を行う権限は持たないものの、求められて高度な意見を述べるために置かれる役職のこと、あるいはその役職に就いているを指します。もともと名誉職的な性格が強く、引退した元役員などを内部の常勤ないし非常勤の顧問に充てるケースが一般的ですが、近年弁護士社会保険労務士、各種コンサルタントなどの専門家に外部顧問として顧問料を支払い、専門的見地から指導助言などのサービスを受ける企業も増えています。これを顧問契約といいます。
(2011/6/13掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 相談すること。意見を問うこと。諮問。
※権記‐長保三年(1001)九月七日「雖避顧問之職、猶可奏所聞得事頭中将今日初奏文云々」 〔宋史‐文天祥〕
② 相談や諮問を受ける役職。また、その人。相談役。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉巻外二「国許の農業試験所の顧問に聘せられたので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

顧問の関連情報