コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清見ヶ関 キヨミガセキ

デジタル大辞泉の解説

きよみ‐が‐せき【清見ヶ関】

平安時代、静岡市東部、旧清水市の興津(おきつ)にあった関。清見寺(せいけんじ)がその跡という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きよみがせき【清見ヶ関】

平安時代、静岡市清水区興津おきつの清見せいけん寺近くにあった関。⦅歌枕⦆ 「夜もすがら富士の高根に雲きえて-にすめる月かげ/詞花 雑上

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

清見ヶ関の関連キーワード平安時代清見寺

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android