コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興津 おきつ

8件 の用語解説(興津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

興津
おきつ

千葉県南東部,勝浦市南西部の集落。外房の漁港。近くに「おせんころがし」と呼ばれる断層崖や海食洞,妙覚寺がある。地域一帯は南房総国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

興津
おきつ

静岡県中部,静岡市清水の集落。旧町名。 1961年清水市 (現静岡市) に編入。東海道 (国道1号線) と身延山へ向う街道 (同 52号線) の分岐点に位置。南は駿河湾に臨み,風光明媚で知られた清見潟には古代,清見ヶ関と息津駅がおかれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おきつ【興津】

静岡県静岡市の地名。もと東海道の宿駅。清見(せいけん)寺清見関(きよみがせき)跡がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

興津【おきつ】

静岡県静岡市の一地区。東海道の宿場町として繁栄,明治以降は別荘地でもあった。東海道線,国道1号線,52号線が通じる。清見潟は埋め立てられ清水港の一部になっている。
→関連項目清水[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おきつ【興津】

駿河国(静岡県)の宿場町。古代駅家として《延喜式》に息津(おきつ)と見える。東は興津川・薩埵(さつた)峠,西は清見寺山が駿河湾に迫る東海道の難所,清見寺山下には清見関が設けられ,坂東への備えとした。鎌倉時代以降は入江氏支流の興津氏が宿の長者として支配,室町時代以降今川氏の被官となった興津氏はこの地に居館を構え,戦国期には薩埵山に警護関を置いた。1601年(慶長6)東海道の宿駅に指定され,以後宿場町として発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おきつ【興津】

静岡市清水区の地名。駿河するが湾に臨む東海道の旧宿場町。清見せいけん寺門前の清見潟きよみがたは歌枕として名高い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

興津の関連キーワード沼津江尻手越宿静岡県静岡市駿河区池田静岡県静岡市駿河区大谷静岡県静岡市駿河区登呂静岡県静岡市駿河区古宿静岡県静岡市駿河区谷田由比〈町〉静岡県富士市吉原

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

興津の関連情報