清見寺(読み)セイケンジ

デジタル大辞泉の解説

せいけん‐じ【清見寺】

静岡県静岡市にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は巨鼇(こごう)山。7世紀後半、清見ヶ関(きよみがせき)鎮護のため建立した関寺に始まるといわれ、弘長元年(1261)無伝聖禅が再興して臨済宗に改めた。室町時代足利尊氏が再興、将軍義詮(よしあきら)のとき十刹(じっせつ)の第九位。きよみでら。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

清見寺【せいけんじ】

静岡県静岡市にある。臨済宗妙心寺派の寺。本尊釈迦牟尼仏。天武(てんむ)天皇の代に清見(きよみ)が関(せき)鎮護の関寺として建立という。初め真言宗であったが,開基今川範国(いまがわのりくに),開山無伝聖禅(むでんしょうぜん)が再興して臨済宗に改宗。足利尊氏(たかうじ)によって駿河(するが)国安国(あんこく)寺(安国寺・利生塔)に当てられ,十刹(じっせつ)に列した。応仁・文明の乱後衰退,1539年太原嵩孚(たいげんすうふ)が中興開山として再興,妙心寺派となる。宋版石林先生尚書伝は重要文化財。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

清見(せいけん)寺

静岡県静岡市清水区にある寺院。臨済宗妙心寺派。正称は「巨鼇山(こごうさん)求王院(ぐおういん)清見興国禅寺」。7世紀後半、関所の鎮護のためにつくられた仏堂が起源と伝わる。平安時代には天台宗の寺だったと見られ、鎌倉時代に臨済宗に改宗。足利尊氏に崇敬され、徳川家康にも庇護された。庭園は国の名勝。朝鮮通信使遺跡として広島県の福禅寺、岡山県の本蓮寺とともに国の重要文化財に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

せいけんじ【清見寺】

静岡市清水区興津清見寺町にある臨済宗妙心寺派の寺。山号、巨鼇山。白鳳時代に当地に清見関を設けた際に、仏堂を建立し、中国僧教叟を迎えたのが起源と伝えられる。清見潟・田子浦・三保の松原を眼下に臨む丘上にある。きよみでら。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清見寺
せいけんじ

静岡市清水(しみず)区興津清見寺町(おきつせいけんじちょう)にある臨済(りんざい)宗妙心寺派の寺。正しくは巨鼇山(こごうさん)求王院(ぐおういん)清見興国寺(こうこくじ)といい、俗に「きよみでら」ともいう。本尊は釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)。白鳳(はくほう)年間(7世紀後半)交通の要地清見(きよみ)関の鎮護のために一寺を建立し、中国僧教叟(きょうそう)を住させたのが開創と伝えられる。1261年(弘長1)に聖一国師(しょういちこくし)(円爾(えんに))の流れをくむ臨済宗の僧関聖(かんしょう)が復興したというが、異説が多い。康永(こうえい)年間(1342~45)足利尊氏(あしかがたかうじ)は堂宇を増築して清見興国禅寺の号を与え、天文(てんぶん)年間(1532~55)今川義元(よしもと)の一族の妙心寺太原崇孚(たいげんすうふ)(雪斎)が住職となってから寺門は繁栄し、徳川家康は1580年(天正8)3世住持の大輝(だいき)に紫衣(しえ)を与えた。古来、観月の名所として知られ、多くの詩文に書かれた。庭園は国の名勝に指定されている。また境内には五百羅漢石像のほか、家康手植えの梅、武田信玄(しんげん)寄進の梵字(ぼんじ)見台など、武将にゆかりのあるものが多い。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

清見寺の関連情報