コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準地向斜 じゅんちこうしゃparageosyncline

岩石学辞典の解説

準地向斜

クラトン内部の窪地で強い褶曲は見られない[Stille : 1936].これらは堆積盆地で地向斜としてできたものではない[Aubouin : 1965].大陸の周辺,例えば日本海のような溝はモノ地向斜,ポリ地向斜,メソ地向斜とは異なる[Schuchert : 1923].大陸地殻の上に生じる地向斜で,ここでの堆積物は後にドイツ型造山運動しか受けない.パラ地向斜ともいう[木村ほか : 1973].ギリシャ語のparaは英語のbeside, beyondに相当する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

準地向斜の関連キーワードイディオ地向斜オート地向斜エクソ地向斜

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android