コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁獲可能量 ギョカクカノウリョウ

デジタル大辞泉の解説

ぎょかくかのう‐りょう〔ギヨクワクカノウリヤウ〕【漁獲可能量】

タック(TAC)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょかくかのうりょう【漁獲可能量】

一定の海域における漁種別の年間漁獲量の上限。海洋生物資源保存のために定める。 TAC 。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

知恵蔵miniの解説

漁獲可能量

主要な漁業種類ごとに捕獲できる総量を定めたもの。略称TAC。総漁獲可能量ともいう。水産資源の適切な保存・管理を行うことを目的とする。1994年に発効した国連海洋法条約に基づき、日本では96年に「海洋生物資源の保存及び管理に関する法律」(通称:TAC法)を成立させ、97年からTAC制度を導入している。2017年1月現在、さんま、すけとうだら、まあじ、ずわいがに、するめいか、まいわし、まさば・ごまさばの7魚種が対象となっている。17年1月に水産庁は、絶滅の恐れのある太平洋クロマグロについて、TAC制度を導入して管理する方針を固めた。

(2017-2-2)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

世界大百科事典内の漁獲可能量の言及

【水産業】より

…他方,世界の総漁業生産量は1970‐75年の平均年率-0.32%の停滞から,75‐81年には平均3.55%の伸びに転じているから,結局200カイリ制はそれが漁業生産に抑制的に働いた面よりも,沿岸・近海漁業に新たな条件と刺激を与え促進的に作用した面のほうが,世界全体としてはより大きかったといえるであろう。
[水域別生産および漁獲可能量]
 世界の漁業生産の大部分は海面からの漁獲である。中国のように内水面漁業の比重の大きな国もあるが,世界全体の内水面漁業生産は11%(1981)にすぎない。…

※「漁獲可能量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漁獲可能量の関連キーワードEUの共通漁業政策(CFP)中西部太平洋まぐろ類委員会TAC制度(タック制度)全米熱帯まぐろ類委員会みなみまぐろ保存委員会魚種別漁獲量総量規制日本の水産資源管理200カイリ水域排他的経済水域遠洋底引網漁業漁業調整委員会サケ・マス条項漁獲総量規制イカ釣り漁業スケトウダラ海洋生物資源日米漁業協定UNCLOSTAC規制海洋法条約

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漁獲可能量の関連情報