潙山(読み)イサン

デジタル大辞泉の解説

いさん〔ヰサン〕【潙山】

[771~853]唐代の禅僧。名は霊祐。百丈懐海(ひゃくじょうえかい)に法を受け、潭州(たんしゅう)潙山に住したので潙山霊祐といわれる。弟子仰山(ぎょうさん)の大成した潙仰(いぎょう)宗の祖。大円禅師。潙山禅師。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いさん【潙山】

771~853) 唐代の禅僧。名は霊祐。百丈懐海ひやくじようえかいから法をうけ、潭州潙山に同慶寺を建立。弟子の仰山ぎようさんにより大成された潙仰宗いぎようしゆうの祖。大円禅師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android