禅僧(読み)ぜんそう

精選版 日本国語大辞典「禅僧」の解説

ぜん‐そう【禅僧】

〘名〙 (古くは「ぜんぞう」か) 禅宗禅学を修め、坐禅を行なう僧。また、広く、三昧(さんまい)を修する僧侶
※菅家文草(900頃)四・仁和四年、自春不雨。府之少北、有一蓮池「祝史疲幣社、禅僧倦経筵
※撰集抄(1250頃)六「めでたきぜん僧などにておはしけるにこそ」 〔白居易‐与僧智如夜話詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android