濃硫酸(読み)ノウリュウサン

大辞林 第三版の解説

のうりゅうさん【濃硫酸】

濃い硫酸。普通は濃度90パーセント以上のものをさす。市販のものは濃度96パーセント、比重1.84。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

のう‐りゅうさん ‥リウサン【濃硫酸】

〘名〙 い硫酸。一般に九〇パーセント以上の硫酸をさすが、市販品では九六パーセントのものをいう。濃硫。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の濃硫酸の言及

【硫酸】より

…熱すると290℃でSO3を発生して分解しはじめる。濃硫酸はJIS規格によって95.0%以上と規定されているが,市販のものは96%,比重1.84,濃度35.9規定のものがふつうである。 濃硫酸は水の蒸気圧がきわめて低く,また吸湿性を示すため,乾燥剤,脱水剤として用いられる。…

※「濃硫酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android