コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濡らし ヌラシ

デジタル大辞泉の解説

ぬらし【×濡らし】

《動詞「ぬらす」の連用形から》色めかしいそぶりをすること。
「口ききたるままに、よき加減なる―をしかけ」〈難波物語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬらし【濡らし】

〔動詞「濡らす」の連用形から〕
色気のある言動をすること。 「かしこき人は心さとく口ききたるままに、よき加減なる-をしかけ/仮名草子・難波物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

濡らしの関連キーワード阿波しじら織(阿波正藍しじら織)snow styleグラス・ハーモニカ野菜の保存法暴雨・速雨冷感タオル口を濡らす子・児・仔三春張子フェルト仮名草子巨人説話墨流し脱脂綿くっと濡女子濡れ紙紙鉄砲沈降玉垂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濡らしの関連情報