コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波物語 なにわものがたり

1件 の用語解説(難波物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なにわものがたり【難波物語】

遊女評判記。著者未詳。1655年(明暦1)刊。1冊。京都島原の評判記。序文のあとに〈難波物語,付,批判〉とあって,本文を掲げた後にその批判を加えるという体裁をとる。〈ある人,四条河原の傾城狂言を見て〉遊廓に行こうという気持になるのが発端で,遊びの得失について述べている。さらに,太夫の八千代,小藤,薫,三笠,明珠(めいしゆ),金太夫,勝山,小太夫,藤枝,金山(きんざん),初音,浮舟,左門について,および天神(太夫に次ぐ位)は生田以下計31人の評判を記している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

難波物語の関連キーワードヌイツ奈良屋茂左衛門明暦新田義貞と福井小規模保育所天野酒勝山烏川九谷焼古九谷

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone