コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波物語 なにわものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

なにわものがたり【難波物語】

遊女評判記。著者未詳。1655年(明暦1)刊。1冊。京都島原の評判記。序文のあとに〈難波物語,付,批判〉とあって,本文を掲げた後にその批判を加えるという体裁をとる。〈ある人,四条河原の傾城狂言を見て〉遊廓に行こうという気持になるのが発端で,遊びの得失について述べている。さらに,太夫の八千代小藤,薫,三笠明珠(めいしゆ),金太夫,勝山小太夫,藤枝,金山(きんざん),初音,浮舟左門について,および天神(太夫に次ぐ位)は生田以下計31人の評判を記している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

難波物語の関連キーワード遊女評判記びらつく我がでに濡らし恐らく見事冷し懇ろ無手女房戯る意気

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android