加減(読み)かげん

精選版 日本国語大辞典「加減」の解説

か‐げん【加減】

[1] 〘名〙
① (━する) 加えることと減らすこと。加わることと減ること。また、数学で加法と減法
※和英語林集成(初版)(1867)「Kagen カゲン 加減(マシタリ、ヘラシタリ)」 〔晉書‐刑法志〕
② (━する) 適度に調節すること。ほどよくすること。
※御湯殿上日記‐文明一六年(1484)一〇月九日「御くすりかけんしてまいる」
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉八「余程加減をして歩くらしいのである」 〔白居易‐対酒閑吟贈同老者詩〕
③ 物事の状態や程度、調子。健康、時候、味覚、その他について広くいう。
※羅葡日辞書(1595)「Fero〈略〉ソラノ caguenno(カゲンノ) アシキ トコロニ スミ ナルル」
※十三夜(1895)〈樋口一葉〉下「夫(それ)ではお前(まへ)加減(カゲン)でも悪(わ)るいか」
[2] 〘接尾〙
① 具合。程度。また、適度に調節すること。
※料理物語(1643)一七「うどん ゆでかげん」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「尻尾の垂れ加減」
② ある傾向であること。ややそのような具合であること。
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉九「少し低頭(うつむき)加減に顔を赤くしてゐる」
③ ちょうどよい程度。「湯が入り加減だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「加減」の解説

か‐げん【加減】

[名](スル)
加えることと減らすこと。数学で、加法と減法。
適度に調節すること。程よくすること。「暖房を加減する」「加減して採点する」
物事の状態・程度。物のぐあい。「風の加減で波の音が聞こえる」「湯の加減をみる」
からだのぐあい。健康状態。「お加減はいかが」「加減が悪い」
[接尾]動詞の連用形や状態を表す名詞に付く。
ぐあい・程度の意を表す。「焼き加減」「塩加減
そのような傾向、そのような気味である、の意を表す。「うつむき加減
ちょうどよい程度である、の意を表す。「ちょうど食べ加減のメロン」「入り加減の湯」
[類語](2コントロール制御リモートコントロール統御手加減/(4調子あんばいコンディション本調子呼吸具合状態体調

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android