濾過方程式(英語表記)equation of filtration

法則の辞典の解説

濾過方程式【equation of filtration】

濾過速度と濾過圧力,濾過抵抗の関係を数式化したもの.通常は下記の二つが重要と考えられている.

(1) ルイスの濾過方程式*:米国のルイス(W. K. Lewis )が導いたものである.

ここで,V は濾過液量,θ は濾過時間,P は濾過圧力,&scriptg;c は重力換算係数,A は濾過面積,μ は濾液の粘度,Km は濾材係数,Kc はケーキの抵抗定数である.

(2) ルースの濾過方程式*:同じく米国のルース(Ruth)の提案になるもので,積分形で示すと

VC2K(θ+θ0

となる.ここで,θ は濾液量 c を得るまでの仮想濾過時間である.定圧濾過条件においてはこちらのほうが適用される.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android