火瓮・熛火(読み)ほへ

精選版 日本国語大辞典「火瓮・熛火」の解説

ほ‐へ【火瓮・熛火】

〘名〙 未詳。火を焚いている(かめ)、またその火のか。
延喜式(927)祝詞(出雲板)「夜は如火瓮(ホヘな)す光(かかや)く神(かみ)(あ)り」
[補注]「書紀‐神代下」の「夜は熛火の若に喧響(おとな)ひ〈〉熛火、此をば裒倍と云ふ」の「熛火」を従来「ホヘ」と訓んで来たが、「御巫本日本紀私記」で「保乃保」としているようにこれを「ほのほ」と訓み、「火穂」と解することもできる。しかし、祝詞の例は、古くから「如火瓮(ほへな)す」という慣用句として用いられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android