コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炉壁 ろへき

防府市歴史用語集の解説

炉壁

 金属精錬などをしたの壁の部分です。土でできていましたので、こわれて、そのかけらが見つかることもあります。熱されていますので、変色したり、金属のかすがついていたりします。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

炉壁の関連キーワードトーマス(Sidney Gilchrist Thomas)マルタン(Pierreたたら(鑪/踏鞴)AGCプライブリコプラスチック耐火物レーザー核融合炉横大道製鉄遺跡放射ボイラーダイバータークリンカートマス鋼キュポラ化学実験断熱煉瓦ボイラー鳴海製陶毛利衛たたら瀝青炭熱流計

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炉壁の関連情報