炉壁(読み)ろへき

防府市歴史用語集の解説

炉壁

 金属精錬などをしたの壁の部分です。土でできていましたので、こわれて、そのかけらが見つかることもあります。熱されていますので、変色したり、金属のかすがついていたりします。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

炉壁の関連情報