精錬(読み)セイレン

大辞林 第三版の解説

せいれん【精錬】

( 名 ) スル
原料鉱石から必要とする金属を抽出し純度の高いものにすること。 「金銀を-する」
よくねりあげること。じゅうぶんに鍛えあげること。 → 製錬(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐れん【精錬】

〘名〙
① よくねりきたえること。十分に練習すること。
※艸山集(1674)一四・和欧陽読書詩「中有金剛宝、時把加精錬」 〔越絶書‐越絶外伝計倪〕
② 原料鉱石から必要とする金属を抽出する操作をいう。鉱石を溶融状態にして金属と非金属などに分離する高温化学反応を利用した乾式法と、水・希硫酸などの溶媒で金属を分離する湿式法とがある。
舎密開宗(1837‐47)内「金と他金属の和合、及び金を精錬する法は」 〔王褒‐四子講徳論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

精錬の関連情報