コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点紋粘板岩 てんもんねんばんがん

1件 の用語解説(点紋粘板岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

点紋粘板岩

knotenschiefer: 点紋頁岩や点紋片岩で,やや球状または多面体状の顕著な塊を含む特徴があり,点紋は明瞭に個々に区別できる鉱物で構成されていることが多い[Naumann : 1838, 1858].ローゼンブッシュ花崗岩の周囲に発達する変成帯の最外部ゾーン点紋粘板岩として記載した[Rosenbusch : 1887].ドイツ語Knoten結び目状の意味.
spotted slate: 粘土質の岩石が低度から中度の接触変成作用を受けて変化した接触変成岩変成作用によって無数の部分で変成拡散作用変成分化作用が行われ,その中心点に向かって部分的な再構築が行われる.特定の鉱物ができるわけではない.発達が妨げられたため,個々の鉱物は不完全なままの斑点として絹雲母質の物質の多いフェルト状の基質の中で凝固した[Harker : 1932, Naumann : 1858].このような点紋岩には適当な英語の名称がないので,ドイツ語のフレックシイフェル(Fleckschiefer),フルヒトシイフェル(Fruchtschiefer),ガルバンシイフェル(Garbenschiefer),点紋粘板岩(Knotenschiefer)などが使用されている[Tomkeieff : 1983].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

点紋粘板岩の関連キーワード点紋マール点紋岩質スティクトライト点紋片岩フルヒトシイフェルフレックシイフェルレプティノライト点紋珪岩点紋白粒岩点紋花崗岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone