コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点紋粘板岩 てんもんねんばんがん

岩石学辞典の解説

点紋粘板岩

knotenschiefer: 点紋頁岩や点紋片岩で,やや球状または多面体状の顕著な塊を含む特徴があり,点紋は明瞭に個々に区別できる鉱物で構成されていることが多い[Naumann : 1838, 1858].ローゼンブッシュは花崗岩の周囲に発達する変成帯の最外部ゾーンに点紋粘板岩として記載した[Rosenbusch : 1887].ドイツ語のKnotenは結び目状の意味.
spotted slate: 粘土質の岩石が低度から中度の接触変成作用を受けて変化した接触変成岩.変成作用によって無数の部分で変成拡散作用や変成分化作用が行われ,その中心点に向かって部分的な再構築が行われる.特定の鉱物ができるわけではない.発達が妨げられたため,個々の鉱物は不完全なままの斑点として絹雲母質の物質の多いフェルト状の基質の中で凝固した[Harker : 1932, Naumann : 1858].このような点紋岩には適当な英語の名称がないので,ドイツ語のフレックシイフェル(Fleckschiefer),フルヒトシイフェル(Fruchtschiefer),ガルバンシイフェル(Garbenschiefer),点紋粘板岩(Knotenschiefer)などが使用されている[Tomkeieff : 1983].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

点紋粘板岩の関連キーワード接触変成帯

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android