為成・為做(読み)しなし

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐なし【為成・為做】

〘名〙 他に対する態度やふるまい。しこなし。しなせ。
※日葡辞書(1603‐04)「ソナタノ xinaxini(シナシニ) ヨッテ コノコトガ アシュウナッタ」

し‐な・す【為成・為做】

〘他サ四〙
① ある状態にする。つくりなす。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「おはしますべき所を、ありがたく面白うしなし」
② しくじる。しそこなう。失敗する。→しなしたり

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報