コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏口突起 ウコウトッキ

2件 の用語解説(烏口突起の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うこう‐とっき【×烏口突起】

烏口骨が退化縮小し、肩甲骨に付着する小突起に変化したもの。単孔類以外の哺乳類にみられる。烏喙(うかい)突起。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うこうとっき【烏口突起】

哺乳類の肩甲骨の上縁の外側部にある曲がった突起。烏口骨の退化したもので、肩関節の付け根の部分にあり、上肢を動かす筋や胸壁の筋が付着している。烏喙うかい突起。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の烏口突起の言及

【肩甲骨】より

…後面の上部には肩甲棘という長い高い隆線が斜めに上外側に向かって走り,その末端は肩峰となって高くそびえている。関節窩の近くには,かぎ状の烏口突起が前外側に向かって突出している。肩甲骨は胸郭の背外側面に接しながら,筋の作用で前後上下に滑り動き,また回転運動を行って,上腕骨の可動性を著しく増している。…

※「烏口突起」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

烏口突起の関連キーワード上腕二頭筋烏口骨肩甲骨 (blade bone, scapula, [pl. scapulae])棘上窩 (supraspinous fossa)烏口突起 (coracoid process)肩甲棘 (spine of scapula)肩甲切痕 (scapular notch, suprascapular notch)関節窩 (glenoid cavity)前緑 (cranial border)後緑 (caudal border)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone