コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏口骨 ウコウコツ

大辞林 第三版の解説

うこうこつ【烏口骨】

脊椎動物の胸部を形成する骨の一。両生類・爬虫類・鳥類にみられる。上腕骨の上端前方にあり、肩甲骨に接する。哺乳類では退化して肩甲骨の突起となる。烏喙うかい骨。烏啄うたく骨。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の烏口骨の言及

【肩甲骨】より

…たとえば肩甲骨の回転運動がなければ,上腕を上へ上げようとしても,水平にまでしか上がらないであろう。爬虫類や鳥類では,烏口突起は烏口骨という別の骨で肩甲骨とは独立している。鳥類の肩甲骨は細長い剣状の骨になっている。…

※「烏口骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

烏口骨の関連キーワードスーパーサウルス歌津魚竜脊椎動物烏口突起爬虫類上腕骨単孔類肩甲骨烏啄骨烏喙骨翼竜突起胸部