無線ICタグ(読み)むせんICたぐ/むせんあいしーたぐ(英語表記)radio frequency IC tag

知恵蔵の解説

無線ICタグ

データの読み書きを無線で行う電子タグ。電子タグとは数mm角のICチップを内蔵したタグで、バーコードなどに置き換わるものとして考案された。扱える情報量が多い、情報の書き換えが可能、物体に埋め込むことができるので表面にコードを印刷するスペースが不要、といったメリットがある。バーコードでは製品単位の識別にとどまっていた商品管理が商品の各個体単位でできるようになる、流通経路や配送先等の情報を追加できるなど、偽造防止やトレーサビリティーを高める用途で利用される。技術的には非接触型ICカードと類似している。ICタグRFIDなどとも呼ばれるが、RFIDは無線ICタグを利用してID管理を行うシステム全体を指す。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android