無駄口を叩く(読み)むだぐちをたたく

精選版 日本国語大辞典「無駄口を叩く」の解説

むだぐち【無駄口】 を 叩(たた)

無駄口を言うを、幾分ののしっていう。
※評判記・秘伝書(1655頃)かぶろひてんの事「よし、さほどの事かあるとても、いらひもあらふ。むさとした、むだくちたたかぬものじゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無駄口を叩く」の解説

無駄口むだぐちたた・く

無駄口を言う、の意を強めた言い方。「―・いてないで仕事をしろ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android