コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼きならし/焼準し やきならし

百科事典マイペディアの解説

焼きならし/焼準し【やきならし】

鋳・鍛造などで粗大化した結晶組織の常態化その他,鋼を標準組織に戻すために行う熱処理で,一定温度に加熱ののち大気中で放冷する。焼入れの予備処理や切削性の増大を目的とすることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

焼きならし/焼準しの関連キーワード

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android