コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼きならし/焼準し やきならし

1件 の用語解説(焼きならし/焼準しの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

焼きならし/焼準し【やきならし】

鋳・鍛造などで粗大化した結晶組織の常態化その他,鋼を標準組織に戻すために行う熱処理で,一定温度に加熱ののち大気中で放冷する。焼入れの予備処理や切削性の増大を目的とすることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

焼きならし/焼準しの関連キーワード鍛造常態砕残擬斑晶組織他形変晶組織変晶組織整列組織樹枝状共晶組織連晶組織

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone