コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼きならし/焼準し やきならし

百科事典マイペディアの解説

焼きならし/焼準し【やきならし】

鋳・鍛造などで粗大化した結晶組織の常態化その他,鋼を標準組織に戻すために行う熱処理で,一定温度に加熱ののち大気中で放冷する。焼入れの予備処理や切削性の増大を目的とすることが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

焼きならし/焼準しの関連キーワード

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android