コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱処理 ねつしょりheat treatment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱処理
ねつしょり
heat treatment

温度制御により金属材料の内部組織・性質を人工的に調整する方法。焼鈍焼準焼入れ焼戻しなど種々の方法があり,それぞれ単独で,ときには組合せて行われる。加熱温度,保持時間,加熱・冷却の速度,使用炉などは,材料により非常に多様であるが,以後の加工または使用に最良の状態にするために,組織・結晶粒度などが主として改善される。熱処理による材料の改善の例は鉄鋼材料に最も多く,工程も非常に複雑なものが多い。また銅合金,軽合金その他も,熱処理によって材料の調整がなされている。特に鉄鋼では,塑性加工と熱処理の目的を同時にかつ高度に達成するオースフォーミングのような加工熱処理法が行われ,機械的な制御と併用した材料の高性能化が行われている。また高温だけでなく,極低温を用いる深冷処理なども熱処理の一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐しょり【熱処理】

[名](スル)材料に加熱・冷却の操作をして、目的とする特性に改善すること。金属の焼き入れ焼きなまし焼き戻しなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

熱処理【ねつしょり】

金属,半導体セラミックスなどに,所要の性質または状態を与えるために行う加熱,冷却の操作。基本的には焼入れ焼鈍しに大別される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

熱処理

 食品調理,加工の目的で加熱すること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねつしょり【熱処理 heat treatment】

金属,半導体,セラミックスなどに必要な性質を与えるために固体の状態で行う加熱と冷却の諸操作の総称。基本的には焼入れ焼きなましの2種に分類される。広義の焼入れの目的は,熱的に平衡な状態としては得られない状態を無理に非平衡状態として得ることであり,鋼のマルテンサイト変態のための焼入れ,高温で安定な相を低温に準安定状態で凍結するための焼入れ,析出硬化性合金の溶体化処理などがこれに含まれる。広義の焼きなましの目的は,熱的に非平衡な状態を平衡な状態に向かって変化させることである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねつしょり【熱処理】

( 名 ) スル
物質を加熱・冷却して硬度などの性質を変化させること。主に、金属の焼き入れ・焼き戻し・焼きなましなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱処理
ねつしょり

物質を加熱したり冷却したりすると、内部構造(組織)に変化がおこって、性質が著しく改良されることがある。これを利用して工業材料の特性向上を図る技術を熱処理という。
 鉄鋼材料は熱処理によって特性を大幅に変換しうる材料の代表例であり、自在に変形できるように軟らかくもなるが、逆に、鋼自身を削りうるほど硬くすることもできる。図Aは焼きならし処理を図示したもので、鋳造組織や鍛造組織など種々雑多な組織であったものが、この処理によって標準的な組織にならされるので、本来の熱処理に先だって、焼きならし処理が行われる。図Aは焼入れ・焼戻し処理であり、高温(約900℃)から急冷すると、鉄鋼に特有の相変化(マルテンサイト変態)がおこって、非常に硬い組織になる。このままではもろいので、200~600℃で再加熱(焼戻し)して、強靭(きょうじん)な鋼とする。よく知られた日本刀の焼入れ・焼戻しは、鎌倉時代初期に創案された熱処理法であり、今日、刃物や鋸(のこぎり)などの工具用鋼に行われている焼入れ・焼戻しと基本的には変わりがない。
 ジュラルミンは航空機の機体などに使用されている代表的なアルミ合金であるが、この材料も熱処理によって著しく強化される。図Bのように、まず高温(ただし融点以下)で加熱してから、急いで冷却する。この処理によって、アルミ結晶中に合金原子が余分に溶け込んだ状態(過飽和固溶体)になる。ここまでの熱処理を溶体化という。次に、100℃程度に再加熱(時効)すると、溶け込んでいた余分の合金原子が、微細な独自の結晶を組んで析出し、その結果、アルミ結晶が著しく強化される。この現象は析出硬化とよばれていて、アルミ合金だけでなく、ファインセラミックス材料の強化にもきわめて有効な熱処理である。また、析出に伴って強度以外の物理的特性も改善されるので、磁石材料の熱処理にも広く応用されている。
 図Bは、加工法と熱処理法とを組み合わせて、結晶粒の微細化を行う方法を図示したものである。材料は一般に結晶粒が細かいほど強靭になるので、近年の構造用材料は、加工熱処理によって結晶粒を1マイクロメートル程度に制御されているものが多い。[西沢泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の熱処理の言及

【合金】より

…分散粒子形成の効果としては,再結晶によって生成する結晶粒の寸法,集合組織の制御などもある。 高温加熱や低温への急冷などを行うことにより,温度による溶解度の差や格子変態を利用して合金の組織を変化させて合金の性質を制御する方法を熱処理という。析出硬化処理もその一つの例である。…

【集積回路】より

…(2)特定の種類のガス雰囲気中で高温状態にすること。これを熱処理という。通常は窒素と水素が用いられる。…

※「熱処理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱処理の関連キーワードキリンクラシックラガークロム・モリブデン鋼耐食アルミニウム合金アサヒスーパードライサッポロラガービールガラスセラミックス光洋サーモシステム日本熱処理技術協会キリンラガービール熱収縮性フィルムコールドブレイクアルミニウム合金ウーリーナイロンアイ・シイ・エス浜松熱処理工業ワッシャー加工エバーグレーズオートクレーブオーネックスアクアマリン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱処理の関連情報