コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼け木杭に火が付く ヤケボックイニヒガツク

デジタル大辞泉の解説

焼(や)け木杭(ぼっくい)に火(ひ)が付(つ)く

一度焼けた杭は火がつきやすいところから、以前に関係のあった者どうしが、再びもとの関係に戻ることのたとえ。主に男女関係についていう。
[補説]「焼けぼっくりに火が付く」とするのは誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

焼け木杭に火が付くの関連キーワード焼け木杭

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android