一度(読み)イチド

デジタル大辞泉の解説

いち‐ど【一度】

1回。いっぺん。ひとたび。「一度おいでください」「一生に一度の体験」
(副詞的に用いて)いったん。ひとたび。もし。「一度食べたら忘れられない味」→一度に

ひと‐たび【一度】

1回。いちど。「一度はあきらめた計画だ」
(副詞的に用いて)いったん。もし。いちど。「一度思い立ったからにはやり抜こう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちど【一度】

一回。ひとたび。 前に-見たことがある
(副詞的に用いる)いったん。ひとたび。 -始めたら止められない 副詞的用法の場合、アクセントは [0]
[2]
音程の一。完全一度(同音)と、ある音とそれに変化記号を加えた音との間にできる増一度とがある。
[句項目] 一度ならず

ひとたび【一度】

いちど。一回。 -は中止も考えた
(仮定表現を伴って)重大な事態に至る原因や条件を仮定するさま。いったん。もしも。 -大雨が降れば、たちまち泥沼と化す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐ど【一度】

〘名〙
[一]
① ひとたび。いっぺん。一回。
※九条殿遺誡(947‐960頃)「三箇日一度可梳之、日々不梳」
※宇治拾遺(1221頃)一「走り出でて舞はばやと思ふを、一どは思ひかへしつ」
同時。いっしょ。→一度に
③ 杯に一杯の酒を飲むこと。また、その酒。
※徒然草(1331頃)八七「『口づきのをのこに、先一度せさせよ』とて、酒を出したれば」
[二] 温度、角度、経度、緯度などを自然数を用いて示す時の最小単位。
古道大意(1813)下「さて其の三百六十余を、又この大地へも割付て、其の一つを一度と云ふ」

ひと‐たび【一度】

〘名〙
① いちど。いっぺん。また、仮定的表現を伴って、いったん。
伊勢物語(10C前)八二「一年(ひととせ)にひとたび来ます君まてば宿かす人もあらじとぞ思ふ」
小学読本(1873)〈田中義廉〉一「人、一たび読みて、事をゆれば、〈〉これを百たび、読むべし」
② (多く「ひとたび…ひとたび…」と連ねて用いて) 反復される行為が同一ではないさまを表わす。あるとき。ある場合。
御伽草子小町草紙(室町末)「飛花落葉の中、一たびは栄え、一たびは衰ふ」
③ 同時。いっしょ。→ひとたびに

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一度の関連情報