一度(読み)いちど

精選版 日本国語大辞典「一度」の解説

いち‐ど【一度】

〘名〙
[一]
① ひとたび。いっぺん。一回。
※九条殿遺誡(947‐960頃)「三箇日一度可梳之、日々不梳」
※宇治拾遺(1221頃)一「走り出でて舞はばやと思ふを、一どは思ひかへしつ」
② 同時。いっしょ。→一度に
③ 杯に一杯の酒を飲むこと。また、その酒。
※徒然草(1331頃)八七「『口づきのをのこに、先一度せさせよ』とて、酒を出したれば」
[二] 温度、角度、経度、緯度などを自然数を用いて示す時の最小単位。
古道大意(1813)下「さて其の三百六十余を、又この大地へも割付て、其の一つを一度と云ふ」

ひと‐たび【一度】

〘名〙
① いちど。いっぺん。また、仮定的表現を伴って、いったん。
※伊勢物語(10C前)八二「一年(ひととせ)にひとたび来ます君まてば宿かす人もあらじとぞ思ふ」
※小学読本(1873)〈田中義廉〉一「人、一たび読みて、事を覚ゆれば、〈略〉これを百たび、読むべし」
② (多く「ひとたび…ひとたび…」と連ねて用いて) 反復される行為が同一ではないさまを表わす。あるとき。ある場合。
※御伽草子・小町草紙(室町末)「飛花落葉の世の中、一たびは栄え、一たびは衰ふ」
③ 同時。いっしょ。→ひとたびに

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一度」の解説

いち‐ど【一度】

1回。いっぺん。ひとたび。「一度おいでください」「一生一度の体験」
(副詞的に用いて)いったん。ひとたび。もし。「一度食べたら忘れられない味」→一度に
[類語]一回一遍ひとたび一朝

ひと‐たび【一度】

1回。いちど。「一度はあきらめた計画だ」
(副詞的に用いて)いったん。もし。いちど。「一度思い立ったからにはやり抜こう」
[類語]一回一遍一度一朝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android