コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱帯降雨観測衛星 ねったいこううかんそくえいせいTropical Rainfall Measuring Mission

知恵蔵の解説

熱帯降雨観測衛星

世界初の降雨レーダーを搭載し、熱帯地域の降雨量分布、積雲活動や雷を観測する衛星気候変動予測や自然災害予防にあたる日米共同計画。設計寿命は過ぎたが、2009年まで運用を延長。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねったいこうう‐かんそくえいせい〔ネツタイカウウクワンソクヱイセイ〕【熱帯降雨観測衛星】

トリムTRMM

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

熱帯降雨観測衛星の関連キーワード全球降水観測計画衛星海洋学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android