コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全球降水観測計画 ゼンキュウコウスイカンソクケイカク

2件 の用語解説(全球降水観測計画の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜんきゅうこうすいかんそく‐けいかく〔ゼンキウカウスイクワンソクケイクワク〕【全球降水観測計画】

複数の人工衛星によって全地球の降水量を高精度・高頻度に観測する計画。NASAJAXAなどが共同で実施する。GPM(Global Precipitation Measurement)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全球降水観測計画
ぜんきゅうこうすいかんそくけいかく

NASA(ナサ)(アメリカ航空宇宙局)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)を中心として、諸外国との国際協力により実施される、全地球規模での降雨を観測する計画。「全球降水観測」はGlobal Precipitation Measurementで、略称GPM。GPM計画ともいう。
 降雨は地表の状態(山岳、森林、砂漠など)や海水温などのさまざまな要因により、非常に局在化して旱魃(かんばつ)や洪水を引き起こす。また、温暖化により、水の大循環の局在化や発生頻度の振幅が増大することが懸念されている。それらの原因と因果関係を調べるために、熱帯降雨観測衛星(TRMM(トリム):Tropical Rainfall Measuring Mission)がNASAと日本の宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)、通信総合研究所(現・情報通信研究機構)の共同人工衛星として1997年(平成9)11月に種子島(たねがしま)宇宙センターよりH-ロケット6号機により打ち上げられ、重要な地球規模の観測データを提供している。さらにGPM計画では、TRMMの後継となるGPMコア衛星と降雨を観測できる10機程度のコンステレーション衛星により、全球降水の高精度かつ高頻度観測を目ざす。GPMコア衛星は2014年(平成26)2月にH-Aロケット23号機で打ち上げられ、太陽非同期軌道を周回している。軌道傾斜角は約65度、高度は約407キロメートルである。コア衛星は、アメリカが開発した衛星本体にGPMマイクロ波放射計(GMI:GPM Microwave Imager)、および日本が開発した2周波降水レーダー(DPR:Dual-frequency Precipitation Radar)を搭載する。GPMコア衛星は、DPRおよびGMIによる同時観測により、全観測データの校正器(キャリブレーター)として機能することで、コンステレーション衛星を含めたマイクロ波放射計の降水観測精度を向上させている。とくに日本が開発した2周波降水レーダーは、TRMMの降雨レーダー(Precipitation Radar)では得られない二つの周波数で降雨を同時に観測して、熱帯の強い雨だけでなく、高緯度の弱い降雪も高精度で観測できるようになった。GPMコア衛星と連携するコンステレーション衛星のデータを統合して、全球的な降雨情報がインターネットで公開されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全球降水観測計画の関連キーワード遠地点極軌道近地点再突入静止衛星衛星コンステレーション準同期軌道人工衛星保険子衛星小型模擬人工衛星

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全球降水観測計画の関連情報