コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱性痙攣 ネッセイケイレン

デジタル大辞泉の解説

ねっせい‐けいれん【熱性××攣】

痙攣(けいれん)のうち、セ氏38度以上の熱があり、発熱以外に原因がみあたらないものをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の熱性痙攣の言及

【ひきつけ】より

…脳起源のことが多いが,脊髄起源のものもある。小児期に起こりやすく,なかでも発熱に伴って起こる熱性痙攣が多い。中枢神経感染症,頭蓋内出血,頭部外傷など一時的なもののほかに,慢性反復性のものとして,癲癇(てんかん),代謝異常や脳腫瘍などによる脳病変,泣入りひきつけ(いわゆる癇の強い子どもが激しく泣いたとき,呼吸が止まり無酸素性痙攣発作を起こすもの)などがある。…

※「熱性痙攣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱性痙攣の関連キーワード痙攣/痺れ/麻痺けいれん癲癇熱性痙攣

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱性痙攣の関連情報