コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痙攣 ケイレン

デジタル大辞泉の解説

けい‐れん【××攣】

[名](スル)全身的または部分的に筋肉が収縮し、不随意運動を起こすこと。持続的にみられる強直性のもの、間欠的にみられる間代性のものなどがあり、脳疾患・髄膜炎・中毒・ホルモンの異常などが原因。「痙攣させる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

痙攣【けいれん】

筋または筋群の不随意的な発作性収縮。強直性(緊張性)と間代(かんだい)性に分けられる。前者は強い持続性の収縮で四肢が強直し首と背を後ろにそらすもので,典型はストリキニーネ中毒
→関連項目ジアテルミー子癇ストリキニーネ癲癇ひきつけフェニルケトン尿症フェノバルビタール震え

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

痙攣

 骨格筋に不随意にみられる収縮.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいれん【痙攣】

不随意かつ急激な筋肉の収縮をいう。筋肉の異常な収縮が長く続き筋肉がこわばった状態になるものを強直性tonic,筋肉の収縮と弛緩が交互に反復する状態を間代性clonic痙攣とよぶ。痙攣という名称は,非常に広い範囲の内容を意味しており,いくつかに分けられる。 (1)コンバルジョンconvulsion 癲癇てんかん)の大発作に代表される全身性の激しい痙攣をさす。(2)クランプcramp 有痛性の痙攣で,正常でも〈こむらがえり〉として経験される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいれん【痙攣】

( 名 ) スル
筋肉が不随意に急激な収縮を起こす現象。収縮と弛緩を繰り返す間代性の場合と持続的に収縮する強直性の場合がある。てんかん・ヒステリー・脳腫瘍・中毒・高熱などを原因とする。 「足が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

痙攣の関連キーワードシュレジンガー現象(徴候)臭化メチルベナクチジウム臭化メチルオクタトロピン臭化ブチルスコポラミン痙攣/痺れ/麻痺ペインクリニックボトックス注射冠攣縮性狭心症ピクロトキシン抗てんかん薬ジャーキング全身痙攣発作噴門痙攣症ルミナール芍薬甘草湯腓腹筋痙攣ラチリズム急性脳症テタニー噴門痙攣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

痙攣の関連情報