コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱感知器 ねつかんちき

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ねつかんちき【熱感知器】

火災の熱を感知するセンサー。急激な温度変化があると作動する差動式と一定の温度以上になると作動する定温式がある。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の熱感知器の言及

【防火】より

…このため,火災の発生をいちはやく人に知らせ,初期消火,消防署への通報等で被害を減らそうとする設備が火災感知器である。火災により発生する熱,煙のどちらを感知するかにより構造的に熱感知器と煙感知器の2種類に分かれ,一般に煙感知器のほうが,熱容量の影響を受ける熱感知器より作動時期が早いといわれている。感知器の感度は高いほうが早期に火災を発見できるが,日常生活にはストーブからの発熱,会議室での喫煙など火災初期と類似の現象が多く,感度を上げると非火災報(火災でないのに感知器が作動すること)が増えるなど,早期発見と日常の利便さとが相反する結果となる。…

※「熱感知器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱感知器の関連キーワード自動火災報知設備火災感知器火災

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android